えずこホール仙南芸術文化センター
〒989-1267 宮城県柴田郡大河原町字小島1-1 TEL : 0224-52-3004/FAX : 0224-51-1130 mail:info@ezuko.com

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




HOME > 参加する > AZ9ジュニア・アクターズ

AZ9ジュニア・アクターズ

これまで演劇とは無縁の子供たちを対象に高度な総合芸術である演劇への参加を通して、圏域の将来の文化活動を担う人材を育成することを目的として、平成5年に結成された児童劇団です。
 メンバーは毎年小学4年生を対象に募集し、オーディションによって選考され、3年間、舞台芸術を学びながら、地域の歴史や文化に関わるワークショップを体験しながら、本格的な児童劇団に育成するものです。
 毎年2月には1年間の集大成といえるえずこホールでの舞台公演を実施し、多くの観客に舞台の魅力を伝えています。

宮城県の仙南地域には、阿武隈川とその支流である白石川が流れており、圏域を構成する2市7町(白石市、角田市、蔵王町、七ヶ宿町、大河原町、村田町、柴田町、川崎町、丸森町)が同じ水系(阿武隈流域)に属しています。
「AZ9」というプロジェクトはその「阿武隈流域文化圏」の形成を目指してスタートしました。

A・・・阿武隈川
Z・・・蔵王連邦
9・・・仙南圏域を構成する市町の数

さらに、AからZ、1から9まで、つまり初めから終わりまで9市町が協力して、このプロジェクトを推進するという意味もこめられています。
⇒⇒⇒AZ9公式ページ

25期生募集!定員になり次第締め切りとなります。
詳しくは、仙南地域広域行政事務組合教育委員会(℡.0224-52-3433)までお問い合わせください。

●主な練習場所:仙南広域講堂ほか
●練習日:土・日・祝の日中を中心に月2回程度(公演前は集中練習あり)

渡部 ギュウ先生(わたべ ぎゅう)/講師

渡部 ギュウ85~94年 十月劇場(現Theatre Group “OCT/PASS” )に参加。93年にヨネザワギュウ事務所を設立。舞台俳優としての活動の他にプロデュース公演の企画制作、演出、ナレーター、リポーターなど幅広く活躍中。
07年「仙台のど真ん中に小劇場をつくる!SENDAI座☆プロジェクト」を樋渡宏嗣らと始動。
【代表作】
98~02年 一人芝居 「アテルイの首」(作/菅原頑 )。02年千賀ゆう子企画「ギリシヤ悲劇・オレスティア」ポーランド、ギリシャ公演参加。02年「犬の仇討ち」(作・井上ひさし 演出・宮田慶子)主演。
07年近松戯曲賞受賞作品「元禄光琳模様」(作・保戸田時子 演出:宮田慶子)にて越後屋当主役。
98~01年NHK「ふだん着の温泉」ナレーターを担当。
00年アジア小劇場ネットワーク東京演劇祭で「Alice賞 2001」を受賞。
宮城県芸術選奨受賞。日本演出者協会会員。杜の都の演劇祭2008総合ディレクター。
東北文化学園大学客員教授。ヨネザワギュウ事務所代表。
児童劇団「AZ9ジュニア・アクターズ」養成講師。山形県出身。